Ginza Art link - 銀座界隈アートスポット巡り

 

8

JPタワー学術文化総合ミュージアム
「インターメディアテク」 JP Tower Museum INTERMEDIATHEQUE

インターメディアテクは、日本郵便と東京大学総合研究博物館が協働で運営を行う公共貢献施設。東京大学が1877年の開学以来蓄積してきた学術標本や研究資料を常設展示すると同時に、企画展や様々なイベント、オリジナルグッズの開発販売を行っています。

INFORMATION

所在地 東京都千代田区丸の内2-7-2
KITTE 2・3階
Tel ハローダイヤル03-5777-8600
(8:00-22:00)
URL http://www.intermediatheque.jp/
観覧料 無料
アクセス JR「東京」駅【丸ノ内南口】から徒歩1分
丸ノ内線「東京」駅地下道より直結
開館時間 11:00-18:00(金・土は20時まで開館)
入館は閉館時間の30分前まで
※上記時間は変更する場合があります。
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)、年末年始、その他館が定める日

EXHIBITION

ケ・ブランリ・トウキョウ
『異邦の至宝――砂漠の民のトライバル・ジュエリー』
2017.1.31(火)-2018.1.21(日)
最新の展示はこちら

連続展示『東京モザイク(2)―― 新生日本の貌』
2017.3.9(木)-
最新の展示はこちら
館からのメッセージ

この施設には、東京大学が明治10(1877)年の創学以来蓄積に蓄積を重ねてきた学術文化財が常設されています。展示に用いられているケースやキャビネットは、大方が教育研究の現場で使われていたものです。帝大時代のものが多く、それらのかもし出す重厚な雰囲気に、19世紀へタイムスリップしたような気分にとらわれる方もあろうかと思います。ですが、われわれの狙いは、博物学の全盛期であった19世紀から高度情報化を実現した21世紀まで、三世紀にまたがる時代を架橋することにあります。来るべき時代の精神がこの先もなお見失ってはならない「世界の眺望」を提示してみせること、それがわれわれの企図するところなのです。

POST

vol.21

東京中央郵便局が新スポットとして再オープン

“古と新しい感性が融合した”東京大学の歴史的遺産

  • 詳細情報はこちら

Update : 2017.4.1ページトップへ

  • CO̓W01
  • ̓W01
  • }_EhE^ x[̃~[K
  • ڂ̈
  • Ig߂ȃA[gTK
  • EGA[gX|bg
  • ̒ڋL
  • ₢킹
  • l̎舵ɂ‚
  • TCg}bv
  • [j[Xւ̂o^͂炩