マリー=アントワネットのバラのストール

価 格 7,020円
商品番号 CH100326

特長

ヴィジェ・ルブラン(1755-1842)の油彩画(1783年)より
このストールのバラのモチーフとなった絵画は、恐らくマリー=アントワネットを描いたものの中でも最も有名な作品のひとつです。シンプルなデザインでありながら、高級なシルクやレースを用いたドレス、手にしたバラの花束などが、元々威厳のある王妃の顔立ちに更なるオーラを与えているかのようです。
同じくヴィジェ・ルブランの手による、モスリン製のドレスを着たマリー=アントワネットの肖像画が1783年のサロンにて「その服装があまりにも王妃としての礼に欠く」と非難を浴びたため、その絵画に代わるものとして描かれたのがこの肖像画でした。

仕様

美術館 ヴェルサイユ宮殿美術館
材 質 シルク
サイズ 35cm×160cm