クリスマスの古都ストラスブール過去と現在が交錯するストラスブール

聖者が舞い降りる地アルザス

ロアン宮殿とストラスブール美術館

▲大聖堂から見下ろしたロアン宮殿。
© Jean-Yves Fick
 

ストラスブールの見どころのひとつは、マルシェ・ド・ノエルのすぐ横に建つロアン宮殿です。ロアン宮殿は、ルイ14世付きの建築家として知られるロベール・ド・コット(Robert de Cotte)によって、ストラスブールのロアン大司教(Prince cardinal de Rohan)のために建てられました。

▲ロアン宮殿の中庭から望む大聖堂。
© Rika Endo-Cadou
 

美しいシンメトリーをもつ古典主義様式の建築で、マリー=アントワネット(Marie-Antoinette)やナポレオン1世(Napoléon I)も訪れた優雅なたたずまいの宮殿です。現在は、大司教のアパルトマン部分、サロン、王侯用寝室、図書館、礼拝堂など、ロココ様式の内装を見学することができます。またこの宮殿内には、地下の考古学博物館(Musée d'Archéologie)、17世紀後半〜19世紀中頃のコレクションを収める装飾博物館(Musée des Arts décoratifs)、14〜19世紀のヨーロッパ美術を展示するストラスブール美術館(Musée des Beaux-Arts de Strasbourg)が併設されています。

▲ロアン宮殿中庭左手にある美術館入り口。
© Rika Endo-Cadou
 

ロアン宮殿の門を抜け、中庭左側にあるのが美術館の入り口です。白壁の階段を上り2階の扉を開けると、15〜16世紀の宗教画の並ぶ展示室が広がります。ボッティチェリ(Sandro Botticelli)の≪聖母子像≫など、イタリア・ルネサンスの巨匠の作品が並ぶ展示室もあります。さらには16世紀のヴェネツィア派の作品をはじめ、マニエリスム、フォンテーヌブロー派など、まるでヨーロッパ絵画史の歩みをたどれるような作品群が次々と登場します。

▲磔刑図や聖母子像が並ぶ15〜16世紀の宗教画の展示室。
© Rika Endo-Cadou
  ▲16世紀ヴェネツィア派の展示室。
© Rika Endo-Cadou
     
▲ニコラ・ド・ラルジリエール≪ストラスブールの美女≫1703年
© Mathieu Bertola, musée des Beaux-Arts de Strasbourg
 

17世紀フランドルの巨匠ルーベンス(Peter Paul Rubens)と同じ展示室にあるのは、フランスで活躍した肖像画家ニコラ・ド・ラルジリエール(Nicolas de Largillière)の≪ストラスブールの美女≫です。この作品は、当美術館の≪モナ・リザ≫ともいわれています。ニコラ・ド・ラルジリエールは、肖像画を得意としましたが、なかでもこの作品は代表作で、モデルのスタイルは、当時のパリで大きな反響を呼びました。フランドルで学んだルーベンス派の暖かい色調や神秘的な筆遣い、謎めいた形の帽子、大胆な黒のドレスと胸元の繊細な装飾のコントラストなどが、パリで高く評価されたのです。

美術館にはこの他に、ローテルブール(Philippe-Jacques de Loutherbourg)やコロー(Jean-Baptiste Camille Corot)、クールベ(Gustave Courbet)やストラスブール生まれのエンネル(Jean-Jacques Henner)などロマン主義と写実主義の名作が所蔵されています。

ページトップへ
原文:エステール・ミケル(Esther Miquel)
アデミック日本・ヨーロッパコンサルティング社代表取締役。
現在ストラスブール市と東京のマルシェー・ド・ノエル(2009年12月開催)コーディネーターとして活動中。

和訳・写真:遠藤利加
 
前のページへ
イルミネーションに輝く マルシェ・ド・ノエル「ヨーロッパの十字路」 アルザスの歴史ロアン宮殿と ストラスブール美術館

ロアン宮殿

  • 所在地
    2 place du Chateau Strasbourg
  • Tel
    +33(0)3 88 52 50 00
  • URL
    http://www.musees-strasbourg.org/
  • 開館時間
    <平日> 12:00-18 :00
    <土・日曜日> 10 :00-18 :00
  • 休館日
    火曜日、祝日
  • 入館料
    一般:4ユーロ
    20名以上のグループ、学生、25歳以下:2ユーロ
    18歳以下:無料

2010年ストラスブール美術館の 名画が日本にやってくる!

ストラスブール美術館のコレクションの展覧会が以下の美術館で予定されています。

MMFで出会える ストラスブール美術館

  • MMFインフォメーション・センターでは、ストラスブール美術館の図録を閲覧いただけます。

 

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。