Dossier special - 海外の特集

  • 1.リニューアルオープンしたルノワール邸
  • 2.新たな感動を呼び起こすリニューアル後のルノワールの家美術館
  • 3.新設された彫刻作品の展示室

南仏カーニュ=シュル=メール ルノワールの家美術館

新たな感動を呼び起こすリニューアル後のルノワールの家美術館

ルノワールを慕う人々が次々に訪れた館

▲ルノワール美術館の南側のファサード

 ルノワールがこのカーニュ=シュル=メールに自宅を構えたことは、ルノワールを慕う多くの芸術家やコレクターたちがこの街を訪れるきっかけにもなりました。有名な画商デュラン=リュエル(Paul Durand-Ruel/1831-1922)や、モネ(Claude Monet/1840-1926)、マティス(Henri Matisse/1869-1954)、ピカソ(Pablo Picasso/1881-1973)など、名立たる顔ぶれがルノワールの生前にこの家を訪ねています。また洋画家、梅原龍三郎(1888-1986)もカーニュのルノワールを訪ねた画家のひとりでした。

▲ルノワールが当時多くの来客を迎え入れたサロン

 当時、ルノワール邸の訪問者は、南側のファサード正面にある階段からテラスへと上がり、直接サロンへと入っていました。以前は美術館の入り口は建物の裏手に位置していましたが、リニューアル後、美術館の来館者も生前のルノワールに迎えられるかのように、南側から入ることができるようになりました。

▲リニューアル後、初めて一般公開されたキッチン

 館内に展示されている全ての家具は、ルノワールが実際に所有していたものです。家具の配置は資料をもとに、ルノワールの生前の状態に可能な限り忠実に配置し直されました。また、色褪せてしまっていたサロンや食堂の壁布は、裏側に隠れ保存されていた色彩を手がかりに、新しく同じものを作り直すなど、丹念な修復がなされています。当時のコンロを備えたキッチンは、今回のリニューアルを機に初めて一般公開となりました。

ルノワールのカーニュ時代を証言する展示品の数々

▲《大水浴図》(1903-1905年)の展示されたルノワールの部屋

 全部で約50点ある絵画の展示作品のうち、ルノワールのオリジナル作品は14点。息子クロードの肖像や、カーニュの庭を描いた風景画、オルセーから寄託された《大水浴図》(1903-1905年)など、ルノワールのカーニュ時代を証言する作品の数々です。今回の改装によって、これまでサロンや食堂に展示してあった絵画作品は、全てほかの部屋に移動されました。実際、生前のルノワールはサロンや食堂を自身の絵で飾ることはなかったといいます。

▲ラウル・デュフィの描いた《ルノワールの作品による、ムーラン・ド・ラ・ギャレット》

 ルノワールの家で暮らした画家のアルベール・アンドレ(Albert André/1869-1954)の作品からは、ルノワールの制作風景や家族の団欒の日々を垣間見ることができます。またラウル・デュフィ(Raoul Dufy/1877-1953)の描いた《ルノワールの作品による、ムーラン・ド・ラ・ギャレット》はルノワールの名画にオマージュを捧げた作品です。

▲大アトリエに展示されているルノワールのイーゼルや車椅子

 サロンの上階では、ルノワールや妻アリーヌの部屋、息子クロードの部屋など、ルノワール家のよりプライベートな空間が公開されています。北側の庭園に面した大きな窓のある大アトリエでは、以前展示されていたルノワールの絵画のレプリカが一掃され、イーゼルや車椅子など、ルノワールが実際に使用した品のみが展示品として残されています。来館者は第3者による演出にとらわれることなく、画家の魂の宿るオリジナルの品々に、純粋に思いを馳せることができます。

次ページでは、新設された彫刻展示室と
学芸員からの皆さまへのメッセージをご紹介します。>>

  • BACK
  • 1
  • 2
  • 1
  • Next

Update:2013.10.1 文・写真:増田葉子(Yoko Masuda)ページトップへ

ルノワールの家美術館

所在地
Chemin des Collettes,06800
Cagnes-sur-Mer
Tel
+33 (0) 4 93 20 61 07
e-mail
musees-cagnes@orange.fr
URL
http://www.cagnes-tourisme.com
開館時間
〈6月〜9月〉10:00-13:00、
14:00-18:00(庭園は10:00-18:00)
〈10月〜3月〉10:00-12:00、
14:00-17:00
〈4月〜5月〉10:00-12:00、
14:00-18:00
休館日
毎週火曜、12月25日、1月1日
入館料
一般:6ユーロ
26歳以下:無料
アクセス
ニース駅(Nice Ville)から電車で約10分のカーニュ=シュル=メール駅(Cagnes-sur-Mer)下車、駅から徒歩で約15分。
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー