2018.5.11
MMMレクチャー

『神は書体に宿る』?
――フォントデザインを知って、感性を豊かに、暮らしを楽しく

お申し込み受付中

日   時:
2018年5月11日(金)18:30〜20:00
会   場:
東京都中央区銀座7-7-2
DNP銀座ビル3階
定   員:
60名 ※定員に達し次第締め切ります。
講   師:
藤田重信氏(フォントデザイナー)
参加費:
1,000円(税込)
当日会場でお支払いただきます。

お申込み方法:
お電話でのお申し込み。MMM TEL:03-3574-2380
ご来店でもお申し込みをお受けいたします。
(受付時間:11:00〜19:00 。月〜土。日・休)

書体の種類をいくつご存知ですか。明朝体、ゴシック体、楷書体、それから…。
毎日目にする割には、意外に「書体」に関しては良く知らないのかもしれません。
実は昨年からMMMでご紹介・販売している『フォントかるた』(48書体)(※1)は、販売開始から定番の人気商品となっています。この機会に、あらためて「書体」や「文字」を見つめてみたいと思います。
同じ文字でも、ここに掲載したように書体によって細部が違い、表情が違い、それぞれに個性があります。『フォントかるた』の上級者は、一瞬でその違いがわかるとか。「神は細部に宿る」とも言いますね。
では書体をつくる方は、どんな思いやこだわりを持ってフォントをデザインしているのでしょうか。どんな使用シーンや表現メディアを想像して、書体づくりに挑んでいるのでしょう。時代の気分や感性はフォントにも現れる?
「東京TDC賞2018」(※2)の受賞デザイナーであり、Macに標準フォントとして搭載された「筑紫体」の開発者として広く知られる藤田重信さんを講師に迎え、新しい書体づくりへの情熱や「異端」とも称される開発のこだわりを知って、毎日の暮らしで接する文字や書体を感性豊かに観るヒントを探ります。あなたもきっと“違いのわかる大人”になれるはず!

※1 『フォントかるた』シリーズ(フォントかるた制作チーム)は、『フォントかるた-48書体』に加え、『(同)拡張パック 白』(12書体)、『(同)拡張パック黒』(12書体)が続いて刊行され、合計72書体が紹介されています(2018年3月20日現在)。

※2 「TDC2018」展:会期:2018年4月4日(水)〜4月28日(土)、会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

藤田重信(ふじた・しげのぶ)※敬称略

藤田重信(ふじた・しげのぶ)

1957年福岡県生まれ。筑陽学園高校デザイン科卒。1975年、写真植字機の株式会社写研文字デザイン部門に入社、1998年、フォントワークス株式会社に入社し筑紫書体ほか数多くの書体開発をする。
「筑紫オールド明朝」「筑紫丸ゴシック」で2010東京TDC賞を受賞。BOOKデザイナー、グラフィックデザイナー必携書体となる。最新の書体、筑紫アンティークシリーズは伝統的な明朝体・ゴシック体に新しい息吹を加えたデザインで、見る者に新鮮な感覚をあたえ、筑紫書体の支持をさらに高めている。
2016年、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。また 「フォントワークスUDフォント」がIAUDアウォード2016 銀賞を受賞。共著書に「文字のデザイン・書体のフシギ」(2008年、 左右社)。「筑紫オールドゴシック-B」「筑紫アンティークゴシック-B」「筑紫アンティーク明朝-L」「筑紫Q明朝-L」「筑紫Aヴィンテージ明朝-R」「筑紫Bヴィンテージ明朝-R」で【東京TDC賞2018 タイプデザイン賞】を受賞。