お申し込み受付中


《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》 
1876年
油彩/カンヴァス
オルセー美術館
©Musée d’Orsay, Dist. RMN-Grand Palais /
Patrice Schmidt /
distributed by AMF


《ピアノを弾くイヴォンヌと
クリスティーヌ・ルロル》 
1897-1898年頃
油彩/カンヴァス
オランジュリー美術館、
ジャン・ヴァルテル&ポール・
ギヨーム・コレクション
© RMN-Grand Palais
(musée de l’Orangerie)
/ Franck Raux /
distributed by AMF


《読書する少女》
1874-1876年
油彩/カンヴァス 
オルセー美術館
© RMN-Grand Palais
(musée d’Orsay) /
Hervé Lewandowski /
distributed by AMF


《浴女たち》
1918-1919年
油彩/カンヴァス 
オルセー美術館
© RMN-Grand Palais
(musée d’Orsay) /
Hervé Lewandowski /
distributed by AMF

2016.6.16
MMMレクチャー
「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」連携講座
展覧会担当学芸員が徹底的に解説する
「私たちがまだ知らないルノワール」

前回事情により中止となりましたが再度開催が決定いたしました

  • 日 時:2016年6月16日(木)18:30〜20:00(開場は18:00〜)
  • 会 場:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル3階
  • 定 員:50名(先着順。定員になり次第締め切らせていただきます)
  • 講 師:横山由季子氏(国立新美術館・学芸員)
  • 参加費:1,000円(消費税込み)/1名
  • お申込み方法:お電話でお申し込みください。MMM:03-3574-2380
    ご来店でのお申し込みも承ります。(11:00〜19:00 月〜土)

印象派の巨匠ルノワール。
日本でもたいへん人気のある画家のうちの一人です。

4月27日から8月22日まで国立新美術館で開催する「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」では≪ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会≫など日本初公開の作品を含め、100点を超えるルノワールの作品が展示されます。

今回のMMMレクチャーではこの展覧会ご担当の学芸員・横山由季子さんに、ルノワール初期の写実的な作風から晩年の裸婦を描いた大作まで、彼の作品を解説いただきます。併せて、知られざるルノワールのパリ時代の交友関係、晩年の南仏カーニュ=シェル=メールでの暮らしをはじめ、この時代の画家と「展覧会」のもつ意味合いなど、MMMレクチャーでしか聴くことのできないお話もご披露いただきます。
展覧会の予習にも復習にも。展覧会をみる視点や印象が変わるかも知れません。ぜひこの機会に「私たちがまだ知らないルノワール」を知ってください。

横山由季子(よこやま・ゆきこ)(敬称略)

横山由季子(よこやま・ゆきこ)国立新美術館アソシエイトフェロー。東京大学大学院(表象文化論)、世田谷美術館学芸員、パリ西大学ナンテール・ラ・デファンス校(美術史・表象文化論)留学を経て現職。専門はフランスを中心とした近代美術理論・展覧会史。これまでに担当した主な展覧会は、「オルセー美術館展 印象派の誕生―描くことの自由―」(国立新美術館、2014年)。

お申し込み受付中


アンリ・マティス《大きな赤い室内》(1948)
Photo: Bertrand Prevost - Centre Pompidou, MNAM-CCI
©2015 - Succession Pablo Picasso - SPDA (JAPAN)


パブロ・ピカソ《ミューズ》(1935)
©2016 - Succession
Pablo Picasso - SPDA(JAPAN)
Phto:©Service de la Documentation photographique du MNAM-Centre Pompidou, MNAM-CCI


ヴァシリー・カンディンスキー《30》(1973)
Photo: ©Philippe Migeat - Centre Pompidou, MNAM-CCI

2016.6.8
MMMレクチャー
ポンピドゥー・センター傑作展関連講座
「≪ひとつの美術館≫にとどまらない
ポンピドゥー・センターの魅力と秘密」

  • 日 時:2016年6月8日(水)18:30〜20:00(開場は18:00〜)
  • 会 場:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル3階
  • 定 員:50名(先着順。定員になり次第締め切らせていただきます)
  • 講 師:ポンピドゥー・センター傑作展監修者
         Claire Garnier (クレール・ガルニエ)※逐次通訳付き
  • 参加費:1,000円(消費税込み)/1名
  • ※参加費は当日会場受付にてお支払いいただきます。
  • お申込み方法:お電話でお申し込みください。MMM:03-3574-2380
    ご来店でのお申し込みも承ります。(11:00〜19:00 月〜土)

6月11日(土)から東京都美術館で開催される「ポンピドゥー・センター傑作展」。パリのポンピドゥー・センター所蔵の傑作約70点を通じてポンピドゥー・センターと20世紀美術の歴史を辿るという内容の展覧会です。

MMMでは、この展覧会のために来日中の、同展覧会監修者であるクレール・ガルニエさんをお迎えし、出展作品はもとより、パリのポンピドゥー・センターの歴史や所蔵コレクションなどについて紹介いただきます。また、ポンピドゥー・センターならではの個性と独自のポリシーも解説いただきます。
ポンピドゥー・センターは一つの美術館と思われがちですが、国立近代美術館・産業創造センター、公共情報図書館、音響音楽研究所などの機能を併せ持つ、複合文化施設です。そうした、普段私たちが伺い知ることのできないポンピドゥー・センターのさまざまな顔について、その実際を直接知ることのできるチャンスです。
このレクチャーに参加してから展覧会を観ていただければ、きっと楽しみも倍増します。
この機会を是非お見逃しなくご参加ください。

Claire Garnier(クレール・ガルニエ)(敬称略)

Claire Garnier(クレール・ガルニエ)
© Philippe Migeat

ポンピドゥー・センター・メッス分館館長補佐を経て、パリ・ピカソ美術館コレクション・企画部門副部長