MMM店舗情報や世界の美術館・展覧会情報を毎月更新中!

今月のMMM
MONTHLY MMM’S EVENTS

銀座7丁目にあるメゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンドの最新おすすめ情報です。
アートスペースの企画イベントやミュージアムグッズ、ライブラリをお楽しみください。

3FMMMアートスペースグラフィックデザイングッズ

世界のアートグッズで暮らしを彩る
ライフスタイルの提案をしています。

9

「魔除猫」「大仏猫」など、
人気グッズが大集合!

横尾忠則グッズ特集
2018.9/5(水)-10/20(土)

MMMに隣接するggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で、9月5日(水)から10月20日(土)まで、企画展「横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975」 が開催されています。この企画展にちなみ、MMM3階のアートスペースでは、「横尾忠則グッズ特集」を開催中です。
gggで、室町幕府8代将軍、足利義政の正室・日野富子を主人公に据えた、瀬戸内晴美(寂聴)さんの新聞小説『幻花』のために描いた横尾さんのモノクロームの挿絵の世界に浸ったあとは、大の愛猫家としても知られる横尾さんが生んだ「魔除猫」や「大仏猫」といった猫にちなんだグッズで、もうひとつの横尾ワールドをMMMでお楽しみください。
アートスペースには、「横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975」展のグッズももちろん登場! ふたつの横尾ワールドが楽しめる、またとない機会です。

  • 大仏猫
    各129,600円(税込)
    横尾忠則
  • 魔除猫
    各108,000円(税込)
    横尾忠則

1-2FMMMブティック世界のミュージアムグッズ

国内外のオリジナリティ溢れる
ミュージアムグッズを販売しています。

9

「芸術家は猫がお好き」

巷には猫ブームが到来していますが、じつは芸術の世界をのぞいてみると、ずっと前から猫はアーティストたちに愛され、作品のモティーフになってきました。
やわらかく伸びやかなその肢体は、芸術家にとって最上のモデルであり、その自由奔放な生き方は、インスピレーションを与えてくれるミューズでもあったのです。
たとえば、現在、上野の東京都美術館で大規模な回顧展が開催中の藤田嗣治も大の猫好きでした。藤田の作品に登場する猫は、猫をよく観察している愛猫家だからこそとらえられた、じつに豊かな表情をしています。また印象派の画家の中で猫好きといえば、印象派の父といわれるエドゥアール・マネ。代表作《オランピア》の中では、ベッドに横たわる裸婦の足元に黒猫がちょこんと登場。オーギュスト・ルノワールの描く猫は、モデルの美少女に負けず劣らずの美猫ぶりです。
MMM1-2Fでは、そんな猫に魅了された芸術家によるカルコグラフィー、ムラージュなどをご紹介。ほかにも猫をモティーフにしたグッズが勢ぞろいします。
魅力あふれる猫たちが、MMMで皆様をお待ちしています。

  • 藤田嗣治「女と猫」
    184,680円(税込)
    ルーヴル美術館
  • エマニュエル・フレミエ「座る猫」
    18,360円(税込)
    ディジョン美術館
  • 耳飾りをしたバステト女神
    35,640円(税込)
    ルーヴル美術館
  • ネクタイ(エジプトの猫)
    5,400円(税込)
    大英博物館

B1FMMMライブラリアートの情報集積拠点

ライブラリでは世界各国の美術館・博物館の展覧会カタログやガイドブック、資料などがご覧いただけます。

9

ライブラリ・ピックアップ

ライブラリには、蔵書の中からオススメをピックアップしてご紹介するコーナーがあります。今月は新着図書6冊と、都市計画から歴史まで、パリを様々な角度から紹介する4冊をピックアップ。
ライブラリは世界の美術館・博物館の資料を多く取りそろえています。お調べになりたい資料やテーマがありましたらお気軽にスタッフにお声掛けください。資料探しのお手伝いをいたします。


  • ウィーン 旅の雑学ノート
    ハプスブルクの迷宮を極める

    オーストリア・ウィーンの旧市街を、12の散歩道を案内しながら紹介する。音楽・建築・美術はもちろん、カフェや骨董、ワインに路地裏と、旅のガイドブックでは知ることのできないユニークな情報を掲載。

    日本語/1996年
    著者/山口俊明
    発行社名/ダイヤモンド社


  • 1900年のパリ
    Paris 1900, la Ville spectacle

    2014年4月から8月までパリ市立プティ・パレ美術館で開催された表題の展覧会図録。19世紀末から20世紀初頭の「ベル・エポック(良き時代)」とされる時期のパリにおける芸術、文化ひいては社会の様相をおよそ400ページにまとめて振り返る。本書を紐解けば、まさに「華麗なるベル・エポックのパリ」を堪能できる。

    Français/2014年
    著者/LERIBAULT, Christophe クリストフ・レリボー
    発行社名/Paris Musées

BACK NUMBERこれまでの催事展示