MMM店舗情報や世界の美術館・展覧会情報を毎月更新中!

MMMライブラリ
新着おすすめ図書
MMM LIBRARY NEW BOOKS

ライブラリは世界の美術館・博物館の
資料を多く取りそろえています。
お調べになりたい資料やテーマがありましたら
お気軽にスタッフにお声掛けください。
資料探しのお手伝いをいたします。

NEW BOOKS今月の新着図書

ロマン派のパリ 1815-1848
Paris Romantique 1815-1848

19世紀前半のパリでは、ロマン派の芸術家たちがその才能を開花させ、今日まで広く親しまれる作品を数多く残した。本書は23のキーワードを挙げ、多数のカラー図版とともに「ロマン派のパリ」を詳しく紹介。

ロマン派のパリ 1815-1848

パリのパサージュ
Les passages couverts de Paris

パリ市内の18のパサージュに光を当てて、その歴史を紐解く。豊富なカラー図版や写真を収録し、それぞれの特色をコンパクトに解説する一冊。

パリのパサージュ

ピカソ ―青の時代 薔薇の時代―
Picasso. Bleu et rose

2018年9月から翌年1月までパリのオルセー美術館で開催された同名の展覧会アルバム。パブロ・ピカソの「青の時代」と「薔薇の時代」のふたつに着目し、その画業の前半を4章構成で振り返る。

ピカソ ―青の時代 薔薇の時代―

PICK UP今月のピックアップ図書

マリー=アントワネット ―その数奇な運命―
Marie-Antoinette, Un destin brisé

国立科学研究所所属の歴史家によるマリー=アントワネットの評伝。本書は、ウィーンでの少女時代から人生最期の日までの姿を伝える数々の肖像画とともに、その数奇な生涯を丹念に追った一冊である。王妃が暮らした居室の図版をはじめ、直筆の手紙や当時の風刺画なども多数掲載されている。

マリー=アントワネット ―その数奇な運命―

マリー=アントワネットのおしゃれ帖
Gazette des atours de Marie-Antoinette

2006年10月から翌年1月にかけてパリの国立古文書館にて行われた「マリー=アントワネット ―証拠物件―」展に合わせて出版された豪華な装訂本。2冊組みの本書は、同館が所蔵するマリー=アントワネットのドレス等に使用された布地の目録「王妃のワードローブ1782年度版」の復刻本とその解説本で構成されている。本書に掲載された多種多様な縞柄や花模様からは、マリー=アントワネットのおしゃれへのこだわりが伝わってくる。 

マリー=アントワネットのおしゃれ帖

マリー=アントワネットの酪農場 ランブイエ城
La laiterie de Marie-Antoinette à Rambouillet

ルイ16世が王妃マリー=アントワネットのために作らせたランブイエ城の見どころのひとつ「王妃の酪農場」を取り上げたガイドブック。ジュリアン・ピエールによるニンフの彫刻、ユベール・ロベールによる洞窟の演出など、18世紀当時の流行を大いに取り入れて設計された酪農場の建築要素のひとつひとつを丁寧に解説する。

マリー=アントワネットの酪農場 ランブイエ城

MMMライブラリ お問い合わせはこちら

MMMライブラリ
03-3574-2382

開館時間/11:00-13:00、14:00-19:00
※13:00-14:00 一時閉館
(日・祝日、年末年始、3月末日、9月末日を除く)