Dossier special - 海外の特集

  • 1.スイスを代表する20世紀の画家パウル・クレー
  • 2.ランドスケープと一体化した施設
  • 3.複合施設ならではの魅力

パウル・クレー・センター

カルチャーセンターとしての役割

▲ノース・ヒル地下1階にあるコンサートホール「マルタ・ミュラー・オーディトリアム」
©ZPK

 また、注目したいのがパウル・クレー・センターは単なる美術館ではないということです。子どもから大人までインタラクティブにアートと触れ合うことのできる複合施設であり、従来の姿に囚われずセミナー、データベース・ライブラリーや音楽まで楽しめるさまざまな分野を横断したカルチャーセンターとなっています。

▲子ども美術館「クレアヴィヴァ」。地下1階ながら、ガラス張りの心地良い空間でワークショップを愉しむことができる
©ZPK

 ノース・ヒルの地下には子ども美術館「クレアヴィヴァ」という子ども向けの展示室兼ワークショップスペースがあり、親子で訪れたときに一緒に制作する場が用意されています。アーティストと子どもの共同制作ワークショップや家族で参加できるレッスンなども設けられています。同じくコンサートホール「マルタ・ミュラー・オーディトリアム」でもさまざまなイベント、音楽を体験することができます。またセミナーでお互いの

▲カード型の積み木で遊ぶ子どもたち

意見を交換し合ったり、講義を聞いたりすることもできます。クレー自身が多彩な創作活動をしたように、世界中のありとあらゆるアートに関する情報を取り入れて体験を提供しようとするパウル・クレー・センターの姿勢は現代アートを一層豊かにしています。

スイスの雄大な風景を愉しむ

▲パウル・クレー・センターの公園
©ZPK

 そして館内を満喫したあとは施設の外を一周してみてください。そこには「スカルプチャー・パーク」という名のミュラー夫妻のコンテンポラリー彫刻のコレクションを無料で鑑賞できる公園や、建物が風景と一体化したゆたかな緑が広がる場所があります。そこではスイスの草原を思い起こさせる、のどかな景色を体験できます。施設の横に位置する、歴史あるヴィラには「レストラン・シューヌグリューン」がありミシュランガイドで1つ星を得た美味しい地元料理を堪能できます。

 スイスでよく見かけるシェルターのように地面を掘って美術品を守りつつその地に根付き、周りとの関係を築き上げていく施設、ローカルでありながら多彩な文化が交わる場所、そういった姿が印象的でスイスらしさを体感できる場所になっています。

[FIN]

  • BACK
  • 1
  • 2
  • 3

Update : 2015.6.1 文・写真 : 和田徹(Tohru Wada)
建築家。スイス・バーゼル在住。
ページトップへ

パウル・クレー・センター

所在地
Monument im Fruchtland 3 3006 Bern
Tel
+41 31-359-0101
URL
http://www.zpk.org/
E-Mail
info@zpk.org
開館時間
火曜日〜日曜日 10:00〜17:00
月曜日 休館
入館料
一般:20スイスフラン
シニア割引:18スイスフラン
学生:10スイスフラン
子ども(6-16歳):7スイスフラン
日曜日は16歳以下無料
家族チケット
(大人1人+6-16歳の子ども):
27スイスフラン
家族チケット
(大人2人+6-16歳の子ども):
40スイスフラン
そのほかは以下を参照
http://www.zpk.org/en/visitor-informationshop-142.html
アクセス
市バス12番で終着駅ツェントルム・パウル・クレー(Zentrum Paul Klee)駅、またはトラム7番の終着駅オストリング(Ostring)駅、市バス10番の終着駅オステルムンディン(Ostermundigen)駅から徒歩約15分。
※この情報は2015年6月更新時のものです。
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー