Dossier special - 海外の特集

  • 1.オランジュリーで出会うブリヂストン美術館の名品
  • 2.展覧会レポート−6つのセクションで辿る珠玉のコレクション
  • 3.オランジュリー美術館学芸員に聞く本展の魅力

パリ・オランジュリー美術館 ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展

モネ(Claude Monet/1840-1926)の睡蓮の連作や、画商ポール・ギヨーム(Paul Guillaume/1891-1934)による20世紀の近代絵画のコレクションを擁することで知られるパリのオランジュリー美術館。オルセー美術館と並んで印象派の殿堂として名高いこの美術館で、2017年の4月5日から東京の石橋財団ブリヂストン美術館の名品を集めた企画展が開催中です(2017年8月21日まで)。印象派作品をハイライトに、日本の近代洋画、20世紀のモダンアート、そして抽象絵画まで、石橋財団コレクションの核を成す選りすぐりの名品76点がパリで一堂に会しています。

オランジュリーで出会う ブリヂストン美術館の名品

▲パリのオランジュリー美術館外観

 日仏交流160周年を翌年に控えた2017年、パリのオランジュリー美術館で現在行われているのが、「ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展」です。モネの睡蓮の作品を用いた展覧会ポスターは、日本の日の丸を彷彿とさせるデザイン。「東京・パリ」と大々的に銘打たれ、本展が日仏両国間の橋渡しの存在であることを堂々と伝えています。

 日本屈指のクオリティを誇る石橋財団のコレクションは、ブリヂストンの創業者である石橋正二郎(Shojiro Ishibashi/1889-1976)による個人蒐集に端を発します。コレクションの出発点となったのは、青木繁(Shigeru Aoki/1882-1911)を代表とした日本人洋画家の作品でし

▲モネの睡蓮の作品を使用した展覧会ポスター

た。石橋正二郎はその後日本の洋画家たちが手本にしていた西洋絵画にも関心を持ち、1940年代より印象派をはじめとした作品を精力的に蒐集し、コレクションの充実を図りました。そして戦後間もない1952年、コレクションの一般公開のために東京・京橋の本社ビル内にブリヂストン美術館を開館させたのでした。石橋正二郎の亡き後、次世代に受け継がれたコレクションは、戦後の抽象絵画などの新しいジャンルにも広がりを見せ、現在は約2,600点を数えています。

 現在東京のブリヂストン美術館は、新美術館建設のため長期休館中です。2019年秋に予定されている美術館の再開館を待つかたわら、石橋財団のもっとも代表的なコレクションが日本国外で一堂に会する本展が実現しました。

▲クロード・モネ《睡蓮の池》1907年 
石橋財団ブリヂストン美術館蔵

 展示は日本の近代洋画にはじまり、モネ、セザンヌ(Paul Cézanne/1839-1906)、ルノワール(Pierre-Auguste Renoir/1841-1919)、カイユボット(Gustave Caillebotte/1848-1894)などの印象派作品、またピカソ(Pablo Picasso/1881-1973)、マティス(Henri Matisse/1869-1954)のモダンアートに、ポロック(Jackson Pollock/1912-1956)や白髪 一雄(Kazuo Shiraga/1924-2008)の戦後の抽象絵画と、19世紀から20世紀の美術界のムーブメントを一望できる贅沢な内容です。さらに作品が蒐集された背景にも光を当て、石橋正二郎から3代に渡る実業家一族の芸術への造詣と情熱を紹介しています。

▲ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年 
石橋財団ブリヂストン美術館蔵

▲ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》1876年
石橋財団ブリヂストン美術館蔵

▲アメデオ・モディリアーニ《若い農夫》1918年頃
石橋財団ブリヂストン美術館蔵

 本展と併せて鑑賞したいのが、オランジュリー美術館常設展のポール・ギヨームのコレクションです。ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティスと、石橋財団コレクションと共通のアーティストが多く名前を連ねているのに気づかされるでしょう。本展で展示されているモディリアーニ(Amedeo Modigliani/1884-1920)の作品に関しては、奇しくもかつてポール・ギヨームの所有であったことがわかっており、今回パリで出会った両コレクションの不思議なゆかりを感じさせてくれます。

次ページでは、6セクションからなる展覧会をレポートします。>>

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページへ

Update : 2017.6.1 文・写真 : 増田葉子(Yoko Masuda) ページトップへ

パリ・オランジュリー美術館 ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展

会期
2017年4月5日(水)
〜2017年8月21日(月)
会場
Jardin des Tuileries (côté Seine) 75001 Paris
TEL
+33(0)1 44 50 43 00
URL
http://www.musee-orangerie.fr/
開館時間
9:00-18:00
※7月14日の午前は閉館
休館日
火曜日
入場料
一般:9ユーロ
割引:6.5ユーロ
オルセー美術館との共通券:16ユーロ
アクセス
地下鉄1番線、8番線、12番線Concorde駅から徒歩3分
※この情報は2017年6月更新時のものです。
MMMで出会える ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展
MMMライブラリでは、本展のカタログを閲覧いただけます。
(上)パンフレット(仏、英)
(下)図録
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー