Dossier special - 国内の特集

  • 1.オートクチュール展のここがスゴイ!
  • 2.絶対に見たいこの一着

三菱一号館美術館 「PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服」展

絶対に見たいこの一着

1.ウォルト(Charles-Frederick Worth/1825-1895)イヴニング・ケープ1898年-1900年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵

©Katerina Jebb @ mfilomeno.com

 本展はオートクチュールが発明された19世紀から10年ごとに時代を区切り、現在に至るその歴史を全7章でたどっています。展覧会の幕開けとなる第1章「オートクチュールの発明19世紀」を飾るのが、このイヴニング・ケープです。イギリス出身で後にパリに渡ったデザイナー、シャルル=フレデリック・ウォルトは、オートクチュールの父ともいえる人物。それまでの仕立服とは異なり、デザイナー主導で始めたウォルトの高級仕立服が、オートクチュールの基礎を築くことになりました。
 このケープは、イヴニング・ドレスの上に着用するためのもののようです。絹ベルベッドの気品ある光沢、繊細にほどこされた絹リボンのアップリケなど、100年以上を経た現在も色あせない美しさを放っています。

2.クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix/1951-)イヴニング・アンサンブル《クー・ド・ルーリ》1991年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵

©Katerina Jebb @ mfilomeno.com

 幼い頃からクチュリエ(オートクチュールのデザイナー)になることを夢見ていたというラクロワ。みごと夢を実現させたラクロワは、現代を代表するクチュリエとしてその名を世界に知られるようになりました。そんなラクロワ自身のオートクチュールへの憧れを投影したかのような一着がこのドレスです。
 ロングスカートには約7mもの布を使い、19世紀に流行した腰の部分が膨らんだバッスルスタイルを採用しています。また大振りのモティーフはオートクチュールの創始者であるウォルトのスタイルへのオマージュでもあるようです。そんな伝統的なスタイルに合わせたトップスは、なんと金属糸を取り入れた半袖のセーター。伝統と現代的なセンスがみごとに調和しています。

3.クリスチャン・ディオール(Chiristian Dior/1905-1957)イヴニング・ドレス《パルミール》1952年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵

©Katerina Jebb @ mfilomeno.com

 第二次世界大戦中、パリではオートクチュールの顧客が減少した上、街では女性でも軍服のような角ばったデザインの服を着ていました。しかし、戦争が終わった直後の1947年、暗い戦時中の空気を払拭するかのように、当時最大のメゾンであったディオールは新しいスタイルを発表。それは曲線を重視し、ウエストを絞った女性らしいドレスでした。ファッション誌『ハーパース・バザー』はこのスタイルを「ニュールック」と呼び、多くの女性は瞬く間にその虜となりました。
 そんなディオールのニュールックの代表例であるこのドレスは、ウィンザー侯爵夫人、ウォリス・シンプソン(Wallis Simpson/1896-1986)のために作られたもの。パール・グレーの絹サテン地にパール・ビーズやスパンコール、ラインストーン、ラメ糸が豪華に刺繍されています。当初は床に届く長いスカート丈でしたが、侯爵夫人のほっそりとした身体とバランスをとるために短く変更されました。豪華でありながら軽快な雰囲気も併せ持つ、チャーミングな一着です。

[FIN]

  • BACK
  • 1
  • 2

Update : 2016.4.1ページトップへ

「PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服」展

会期
2016年3月4日(金)〜5月22日(日)
会場
三菱一号館美術館
URL
http://mimt.jp/paris-hc/
開館時間
10:00-18:00(金曜日、会期最終週平日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日
※ただし、祝日と5月2日、16日は開館
観覧料
一般:1,700円
高校生・大学生:1,000円
小・中学生:500円
※この情報は2016年4月更新時のものです。

「PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服」展 展覧会図録の電子版(電子図録)発売を開始しました。

「PARIS オートクチュール」展の展覧会図録の電子版(電子図録)ができました。
電子書籍ストアhontoなどでお求めいただけます。他の電子書籍書店の取扱いにつきましては、http://mimt.jp/paris-hcのサイトでご確認ください。

「PARIS 品名:「PARIS オートクチュール」展図録
価格:2,160円(税込)
全180ページにわたりオートクチュールの歴史を概観できる一冊。

  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー