Dossier special - 国内の特集

  • 1.展覧会を楽しむ6つのキーワード/1〜3
  • 2.展覧会を楽しむ6つのキーワード/4〜6

日伊国交樹立150周年記念 ティツィアーノとヴェネツィア派展

キーワード4:画家の王者

▲今回の目玉作品のひとつ、ティツィアーノの《フローラ》
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《フローラ》1515年頃、フィレンツェ、ウフィツィ美術館

 今でこそ、ルネサンスの画家といえば、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロがその筆頭に上がりますが、当時、もっとも大きな成功を手にしたのは、ティツィアーノでした。彼はヴェネツィアのみならずイタリア諸都市、ヨーロッパ各国の王侯貴族の画家となり、さらには神聖ローマ帝国皇帝カール5世の画家ともなったのです。また、偏屈で知られたミケランジェロとは対照的に、社交性に富み、権力者たちとも互角に接することができたといいます。ミケランジェロが羨んだのもさもありなん、というまさに「画家の王者」だったのです。

キーワード5:官能的な裸婦

▲ティツィアーノの代表作《ダナエ》
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ダナエ》1544-1546年頃、ナポリ、カポディモンテ美術館

▲宗教的主題でありながらエロティックなティツィアーノの《マグダラのマリア》
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《マグダラのマリア》1567年、ナポリ、カポディモンテ美術館

 今回の展覧会には、ティツィアーノの傑作中の傑作といえる3作品が出品されています。初期の代表作《フローラ》と初来日の傑作《ダナエ》、そして晩年の代表作《マグダラのマリア》です。絢爛たる色彩と荘厳な雰囲気の宗教画を生み出したティツィアーノですが、各国の王侯貴族のあいだで、とりわけ人気を博したのが、官能的な女性像でした。輪郭をぼかし、色彩と絵筆のタッチによって女性の肌のやわらかさまで描き出し、官能的な裸体の美を強調したティツィアーノには、後年、印象派随一の裸婦描き、ルノワールも憧れたといわれます。

キーワード6:見る人が喜ぶ絵

▲ヴェロネーゼ《聖家族と聖バルバラ、幼い洗礼者聖ヨハネ》
パオロ・ヴェロネーゼ《聖家族と聖バルバラ、幼い洗礼者聖ヨハネ》1562-1565年、フィレンツェ、ウフィツィ美術館

▲ヴェロネーゼの甥、ダル・フリーゾ(本名アルヴィーゼ・ベンファット)の《カナの婚礼(ヴェロネーゼに基づく)》
ダル・フリーゾ《カナの婚礼(ヴェロネーゼに基づく)》1590年頃、ヴィチェンツァ、キエリカーティ宮絵画館

 宗教性よりも官能性を重視した描写で人気を博したティツィアーノ。ヴェロネーゼはその後継者として、宗教的感動よりも世俗的な喜びを描くことを重視した画家といわれています。しかし、本展に出品された《聖家族と聖バルバラ、幼い洗礼者聖ヨハネ》は、厳かな宗教性をたたえた作品。黄金の髪とドレス、透明感あふれる女性の肌、場面を演出する光の効果などによって、内側から輝くような世界が作り出され、円熟期のヴェロネーゼの画力を物語る傑作です。また、もっともよく知られたヴェロネーゼの傑作《カナの婚礼》の、ヴェロネーゼの甥によるコピー作品も出品されています。

▲《フローラ》がパッケージになったお菓子

 かつて、世界にその名を轟かせたヴェネツィア派の巨匠たち。色彩と光にあふれたその絵画世界を堪能できる展覧会。特設ショップには、ティツィアーノらの作品をモチーフにした素敵なオリジナルグッズもたくさんありますので、ぜひ、足をお運びください。

▲作品をモチーフにしたオリジナルアクセサリー

▲テーマカラーのピンクをつかったスカーフやオリジナルの革製品

ティツィアーノの代表作のひとつ《うさぎの聖母》はMMM B1Fライブラリでご紹介しています。

[FIN]

  • BACK
  • 1
  • 2

Update : 2017.3.1ページトップへ

「日伊国交樹立150周年記念 ティツィアーノとヴェネツィア派展」

会期
2017年1月21日(土)〜4月2日(日)
会場
東京都美術館 企画展示室
URL
http://titian2017.jp
開室時間
9:30-17:30
※金曜日は20:00まで開室
※入室は閉室の30分前まで
観覧料
一般 1,600円
大学生・専門学校生 1,300円
高校生 800円
65歳以上 1,000円
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
※この情報は2017年3月更新時のものです。
MMMで出会える「ティツィアーノとヴェネツィア派展」
MMMライブラリは、本展のカタログを閲覧いただけます。
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー