Dossier special - 海外の特集

  • 1.第2回のテーマは「水」 
  • 2.「港におけるピサロ〜ルーアン、 ディエップ、ル・アーヴルにて」展:1
  • 3.「港におけるピサロ〜ルーアン、 ディエップ、ル・アーヴルにて」展:2

アンドレ・マルロー美術館「港におけるピサロ〜ルーアン、ディエップ、ル・アーヴルにて」展

ピサロ展  ルーアン、ディエップにて

▲ウジェーヌ・ブーダン《ル・アーヴル港、ウール湾》1885年
エヴルー美術館所蔵
©RMN-Grand Palais / Agence Bulloz

 本展のプロローグを飾るのはピサロと同時代の画家、ウジェーヌ・ブーダン(Eugène-Louis Boudin/1824-1898)の作品です。いち早くアトリエの外に出て、外光のもとで風景画を描き始めたブーダンは、印象派の画家たちに大きな影響を与えたことで知られています。ノルマンディ出身のブーダンは、ル・アーヴルをはじめとした港の作品を数多く残しました。帆船を描いた詩情漂う作品からは、ピサロとはまた異なる海へのまなざしを感じ取ることができます。

▲カミーユ・ピサロ《ボワエルデュー橋、雨》
1896年
トロント・アート・ギャラリー・オブ・オンタリオ所蔵
©Art Gallery of Ontario, Toronto

 ピサロが港の風景に取り組むようになったのはキャリアの中頃のことでした。パリ郊外を中心に、のどかな農村の風景を頻繁に描いていたピサロは、1883年に新しい題材を求め、ルーアンへとやってきます。ルーアンを流れるセーヌの両岸を散策しては時に立ち止まり、近代的な河川港を発着する船舶の風景を描きました。
 それから10年ほどの月日を経てピサロがパリで出会ったのが、モネが同じくルーアンで描いた有名な大聖堂の連作でした。

▲カミーユ・ピサロ《ルーアン、ブルス河岸通り、木材の荷降ろし、夕日》1898年
個人蔵
©Collection particulière / photo Beth Phillips

同様のモチーフをシリーズで描くことに強い共感を覚えたピサロは、1896年と1898年に再びルーアンへと赴き、ホテルの部屋からセーヌの港の連作に取り組みます。蒸気を上げながら行き交う船舶は近代都市の象徴的な風景であり、貨物の陸揚げといった重労働の様子でさえもピサロの目には、壮大な光景として映りました。

▲カミーユ・ピサロ《ディエップの外港、午後、陽光》1902年 
ディエップ城美術館所蔵 
©Ville de Dieppe, Collection Château Musée / photo BL Legros

 港に停泊する船の背景に描かれているのは、微妙な光をとらえたノルマンディの空とそれを反射するセーヌの川面です。霧やもや、雨や夕日の光など、天候や時間によって異なる表情を見せる水辺の空気が、それぞれのカンヴァス上に見事に表現されています。
 ルーアンの河川港の連作が成功を収めると、ピサロはさらなる港の風景を求め、1901年と1902年に、ルーアン北方の海沿いの都市ディエップを訪れます。

▲カミーユ・ピサロ《ディエップ外港のトロール船》1902年
個人蔵
©François Doury

「ディエップは活気、往来、色彩を描くのが好きな画家にとって素晴らしい場所だ」と書き残したように、ディエップでの作品には、活気溢れる港の様子が多く描かれました。画面の奥には港を囲む断崖が見え、大自然と都市生活が一体となった風景が広がっています。ピサロの描く港の風景に新たな魅力を見出すことのできる作品群です。

次ページでは、ピサロ展の出品作の中から
ル・アーヴルの地をモチーフに描いた作品をご紹介します。>>

  • 次のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページへ

Update:2013.7.1 文・写真:増田葉子(Yoko Masuda)ページトップへ

ノルマンディ印象派フェスティバル2013 Festival Normandie Impressionniste2013

会期
2013年4月27日(土)〜
9月29日(日)
会場
ノルマンディ各地
URL
http://www.normandie-impressionniste.fr/

「港におけるピサロ〜ルーアン、ディエップ、ル・アーヴルにて」展

会期
2013年4月27日(土)〜
9月29日(日)
会場
アンドレ・マルロー美術館
所在地
2 Boulevard Clemenceau 76 600 le Havre
Tel
+33 (0)2 35 19 62 62
URL
http://www.muma-lehavre.fr
開館時間
11:00-18:00
土曜日・日曜日:11:00-19:00
*7月11日、8月22日、9月19日は21:00まで開館
休館日
火曜日、7月14日
観覧料
一般:9ユーロ
割引:6ユーロ
アクセス
パリ、St Lazare駅からTGVで約2時間、Le Havre駅。駅前からLa plage方面のトラムに乗り、Hôtel de Ville駅下車、4番のバスに乗り換えmusée Malrauxで下車
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー