Dossier special - 海外の特集

  • 1.第2回のテーマは「水」 
  • 2.「港におけるピサロ〜ルーアン、 ディエップ、ル・アーヴルにて」展:1
  • 3.「港におけるピサロ〜ルーアン、 ディエップ、ル・アーヴルにて」展:2

アンドレ・マルロー美術館「港におけるピサロ〜ルーアン、ディエップ、ル・アーヴルにて」展

2010年に100万人以上を動員し大きな成功を収めたノルマンディ印象派フェスティバルが、今年待望の第2回目を迎えました。4月27日(土)から9月29日(日)の会期中、展覧会をはじめとしたさまざまな催しがノルマンディ地方各地で開催されます。MMMの特集ではル・アーヴル、カン、ルーアンの3都市で行われる本フェスティバルのハイライトとなる企画展にスポットを当て、3回の連載記事をお送りします。
MMMのシリーズ第1弾では、ル・アーヴルのアンドレ・マルロー美術館で行われているピサロ展をクローズアップします。

「水」がテーマの第2回ノルマンディ印象派フェスティバル

▲ノルマンディ印象派フェスティバル2013のポスター
©Festival Normandie Impressionniste 2013

 モネ(Claude Monet/1840-1926)、ピサロ(Camille Pissarro/1830-1903)、シスレー(Alfred Sisley/1839-1899)、ルノワール(Auguste Renoir/1841-1919)など、フランス北部のノルマンディの自然に魅了された印象派の画家は数知れません。とりわけ彼らに愛されたのが、緑豊かなセーヌ河流域や、英仏海峡に面した600kmにわたる海岸一帯などの水辺の風景でした。第2回ノルマンディ印象派フェスティバルではこの「水」がテーマ。川の流れ、波立つ海、静かな湖面と、印象派に強いインスピレーションを与え続けた「水」の作品にオマージュを捧げます。
 会期中ノルマンディ各地で開催される印象派のイベントは600以上に上ります。中でもRMN(フランス国立美術館連合)のパートナーシップのもと、ル・アーヴル、カン、ルーアンの3都市で開催される3つの特別展は、本フェスティバルの核ともなる重要な見どころです。

▲アンドレ・マルロー美術館

 ルーアン美術館では「まばゆい反射―印象派の傑作100点」(4月29日〜9月30日)、カン美術館では「水辺の夏―レジャーと印象派」(4月27日〜9月29日)、そしてル・アーヴルのアンドレ・マルロー美術館では「港におけるピサロ〜ルーアン、ディエップ、ル・アーヴルにて」(4月27日〜9月29日)と題された企画展がそれぞれ開催中です。

ピサロの港の連作に焦点を当てた初の展覧会

▲カミーユ・ピサロ《自画像》1873年
オルセー美術館所蔵
©RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski

 ピサロは1874年から8回にわたり行われた印象派のグループ展にすべて参加した、唯一の印象派の画家です。キャリアの初期は主にパリ郊外で屋外制作を行い、仲間と新しい表現を追究しながらのどかな自然の風景を描きました。キャリアの中盤に入ると新たな題材を取り入れ、パリをはじめとした都市生活の様子を好んで描くようになります。とくにノルマンディ地方のルーアン、ディエップ、ル・アーヴルに滞在した折には、港の風景に魅せられ、連作を描くことに没頭しました。蒸気船の煙や新しく建設された鉄橋など、産業の発展に伴い変容する港の様子は、ピサロにとって刺激に満ちた新しいモチーフとなったのです。

▲カミーユ・ピサロ《水先案内船の入り江、ル・アーヴル、朝、陽光、満ち潮》1903年
アンドレ・マルロー美術館所蔵 
©Le Havre, MuMa / photo Florian Kleinefenn

 今回のピサロ展は、これら3つのノルマンディの都市で描かれた港の連作がテーマとなります。約30点の油彩作品のほかに、版画、素描、当時の港の情景を写した写真なども展示され、多彩な視点からピサロの作品を紐解くことができます。

次ページでは、ピサロ展の出品作の中からルーアン、
ディエップの地をモチーフに描いた作品をご紹介します。>>

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページへ

Update:2013.7.1 文・写真:増田葉子(Yoko Masuda)ページトップへ

ノルマンディ印象派フェスティバル2013 Festival Normandie Impressionniste2013

会期
2013年4月27日(土)〜
9月29日(日)
会場
ノルマンディ各地
URL
http://www.normandie-impressionniste.fr/

「港におけるピサロ〜ルーアン、ディエップ、ル・アーヴルにて」展

会期
2013年4月27日(土)〜
9月29日(日)
会場
アンドレ・マルロー美術館
所在地
2 Boulevard Clemenceau 76 600 le Havre
Tel
+33 (0)2 35 19 62 62
URL
http://www.muma-lehavre.fr
開館時間
11:00-18:00
土曜日・日曜日:11:00-19:00
*7月11日、8月22日、9月19日は21:00まで開館
休館日
火曜日、7月14日
観覧料
一般:9ユーロ
割引:6ユーロ
アクセス
パリ、St Lazare駅からTGVで約2時間、Le Havre駅。駅前からLa plage方面のトラムに乗り、Hôtel de Ville駅下車、4番のバスに乗り換えmusée Malrauxで下車
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー