Dossier special - 海外の特集

  • 1.リニューアルオープンしたルノワール邸
  • 2.新たな感動を呼び起こすリニューアル後のルノワール美術館
  • 3.新設された彫刻作品の展示室

南仏カーニュ=シュル=メール ルノワールの家美術館

新設された彫刻作品の展示室

▲新設された彫刻の展示室

 サロンの階下にある庭続きのフロアは、今回のリニューアルで初公開となる展示スペースです。改修工事によって余分な仕切りが取り除かれ、新しい展示室が生まれました。このフロアは、かつてルノワールが彫刻家のリシャール・ギノ、ルイ・モレルとコラボレーションを行いながら彫刻制作を行った場所。こうした事実に関連付け、この展示スペースでは彫刻作品を集めた展示を行っています。今回のリニューアルを機に、2点の絵画作品とルノワール家やギノ家からの寄託による17点の彫刻作品が新しく美術館の展示に加わりました。

▲ギノとのコラボレーション作品《洗濯する女》の石膏像(1917年)

 ルノワールは日常的なテーマを好んで彫刻の題材にしました。展示室の中央にあるギノとのコラボレーション作品である大きな石膏像は、洗濯する女性をモチーフにしたもの。同室に飾られている《洗濯する女》(1910年頃)の絵と見比べると、ルノワールの描く女性らしい体つきやしぐさが、絵画からそのまま抜け出てきたかのような印象です。ルイ・モレルとのコラボレーション作品である踊り子をテーマにしたレリーフ作品も、ルノワールの絵画に描かれた女性から着想を得ています。彫刻の共同制作に当たってルノワールは主に指示を出し、自ら造形は行いませんでしたが、作品にはルノワールらしい優しく柔らかな女性の姿が巧みに表現されています。
 印象派の画家として知られるルノワールが、彫刻作品に本格的に取り組み始めたのは、このカーニュにおいてでした。あまり知られていないルノワールの彫刻家としての一面を、彼が作品を生み出した地で発見できる、ほかにはない唯一の場所です。

▲ルノワール《洗濯する女》1910年頃 リヨン美術館寄託
▲踊り子や笛吹きをモチーフにしたモレルとのコラボレーション作品(1918年)

ルノワールの家美術館学芸員から日本のルノワールファンへのメッセージ

 この場を借りて日本の皆さんに向けてメッセージを送れることをとても嬉しく思います。なぜなら日本の皆さんがルノワールの作品をとても愛してくださっていることを知っているからです。日本人とルノワールの関係は、ルノワールの生前にまで遡ります。日本人画家の梅原龍三郎は、ルノワールに会いにこの家を訪れています。長らくルノワールと日本の間には特別な関係があるように感じます。日本人の方々にこのリニューアルされたカーニュのルノワールの家に来て、より多くの発見をしていただけることを願っています。

▲ルノワールの家美術館学芸員のセシル・ベルトラン(Cécile Bertran)氏
▲ルノワールの家から望むカーニュの旧市街と庭園

[FIN]

  • BACK
  • 1
  • 2
  • 1

Update:2013.10.1 文・写真:増田葉子(Yoko Masuda)ページトップへ

ルノワールの家美術館

所在地
Chemin des Collettes,06800
Cagnes-sur-Mer
Tel
+33 (0) 4 93 20 61 07
e-mail
musees-cagnes@orange.fr
URL
http://www.cagnes-tourisme.com
開館時間
〈6月〜9月〉10:00-13:00、
14:00-18:00(庭園は10:00-18:00)
〈10月〜3月〉10:00-12:00、
14:00-17:00
〈4月〜5月〉10:00-12:00、
14:00-18:00
休館日
毎週火曜、12月25日、1月1日
入館料
一般:6ユーロ
26歳以下:無料
アクセス
ニース駅(Nice Ville)から電車で約10分のカーニュ=シュル=メール駅(Cagnes-sur-Mer)下車、駅から徒歩で約15分。
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー