MMM店舗情報や世界の美術館・展覧会情報を毎月更新中!

編集部おすすめNEWS
STAFF’S RECOMMENDATION

フランスをはじめとする海外や日本国内の
主な美術館・博物館の動向や注目情報をお届けします。

MUSEUM
2021.3.1 UPDATE

ピカソ美術館を声で体験!

現在コロナ禍で臨時閉館中のピカソ美術館ですが、オンライン鑑賞をはじめとするさまざまな試みがなされています。その中でもオリジナルなプログラムが、現在開催中の企画展『Picasso. Lectures, relectures』をポッドキャストで聞くプログラム『パブロを想像しよう(Imagine Pablo)』!展示中のピカソの作品についてのオリジナリティに富んだストーリーを楽しむことができます。フランス語のみのコンテンツとなっていますが、語学を勉強中の方には絶好の材料になりそうですよ!

MUSEUM
2021.3.1 UPDATE

パリ郊外ポワシーのおもちゃ美術館

古代から現代まで、世界中の玩具や人形を集めて展示している美術館が、パリ郊外のポワシーにあります。その名も『おもちゃ美術館』。日本では3月3日はひな祭りですが、大人も子どもも童心に返るこの美術館には、フランス人形に混じって日本の雛人形も飾られているのです!『マダムのミュゼ訪問』ではフランスの個性的な美術館を多数ご紹介しています。この機会にぜひご覧ください。

MUSEUM
2021.2.1 UPDATE

ポンピドー・センターから初のビデオ・ゲームが生まれました!

誰でも無料でダウンロードでき、スマホやパソコンで遊ぶことができる教育的ビデオ・ゲーム『Prism7』がポンピドー・センターより発表されました!近現代美術、とくにヨーロッパ最大規模のコレクションを誇る本館所蔵の作品について、よりよく知り、学ぶためのツールとして開発されたこのゲームは、全部で7つのレベルがあり、それぞれ難易度とプレイヤーに課される内容が段階的に変化します。作品や空間に色をつけたり、また光を用いて空間に道筋を作ったり……説明を聞くよりも、やってみるほうが早そうですね。ぜひ皆さんもおうちで遊んでみてくださいね!※残念ながら日本語版はありませんが、英語、フランス語、スペイン語、中国語版がご利用いただけます。

MUSEUM
2021.2.1 UPDATE

チョコレートの季節がやってきました

フランスにチョコレートが初めて上陸したのは、スペインとの国境にほど近い、バスク地方だったそうです。今でもこの地方は、美味しいチョコレートの生産地として有名です。MMM公式サイトでは、フランス各地の珍しい美術館や個性派美術館を特集記事としてご紹介してきました。チョコレート博物館もそのひとつ。バレンタインの時期にちなんで、とても面白く、また興味深い、チョコレートの発祥とその歴史に触れてみるのはいかがでしょうか?

MUSEUM
2021.1.5 UPDATE

パリのグラン・パレが改装工事に入ります

1900年パリ万博の際メイン会場として建設され、2005年には大改装工事を終えて再オープンしたグラン・パレ・ナショナル・ギャラリー。2024年に開催予定のパリ・オリンピックのメイン会場として生まれ変わるため、2021年初頭より、二度目の大改装工事が開始されます。次にグラン・パレで展覧会を見ることができるのは、2025年となる予定です。新生グラン・パレのお披露目まで、しばしの別れとなります。MMMサイトでは、グラン・パレ・ナショナル・ギャラリーの2005年改装再オープン当時の様子を特集記事にてご覧いただけます。

MUSEUM
2020.12.1 UPDATE

聖母大聖堂のルーベンス

クリスマスが似合う街のひとつベルギー、アントワープの聖母大聖堂では、ルーベンスの名画をいつでもご覧になれるのをご存知ですか?この大聖堂は『フランダースの犬』で、主人公ネロが絵を見るために、毎日のように飼い犬のパトラッシュと通い詰めた場所として有名です。ネロがパトラッシュと一緒に眠るように天に召されたのは、この大聖堂で公開されているルーベンスの『キリストの降架』の前でした。聖母大聖堂にはほかにも、『キリストの昇架』『聖母マリアの昇天』といった大変有名なルーベンス作品が四つあります。現在、残念ながら観光客の訪問は中止されていますが、なかなかベルギーまで行くことがままならない今、聖母大聖堂の公式サイトもヴァーチャル名画鑑賞のツールとしてぜひご活用ください。

MUSEUM
2020.8.7 UPDATE

ルーヴル美術館をオンライン体験

7月6日より見学を再開したルーヴル美術館では、公式サイトでさまざまなコンテンツを公開しています。モナリザの細部を観察できる「ルーペで見るモナリザ」、見学の仮想体験を提案する「ヴァーチャル訪問」、さらにアニメで作品の歴史を解説するPetit Louvreという子ども向けの特設サイト(フランス語のみ)が開設されるなど、充実した内容が展開中です。日本から現地への訪問はまだ少しだけ遠い日常が続きますが、この機会にオンラインで作品の予習をされるのはいかがでしょうか?

MUSEUM
2020.7.1 UPDATE

フランス各地の美術館・博物館が再開しはじめました

5月28日に発表されたフランス政府の緩和政策とともに、フランス各地の美術館・博物館が徐々に再開しています。パリ市内の主要美術館の再開予定日は下記のとおりです。

ルーヴル美術館 7月6日より
オルセー美術館 6月23日より
オランジュリー美術館 6月22日より
ポンピドー・センター 7月1日より
ケ・ブランリ=ジャック・シラク美術館 6月9日より
ヴェルサイユ宮殿 6月6日より

MUSEUM
2020.6.1 UPDATE

アーティゾン美術館が京橋に開館しました!

旧ブリヂストン美術館が、アーティゾン美術館と名前を変え、装いも新たに生まれ変わりました。西洋近代美術から日本洋画まで、石橋財団の約2,800点におよぶコレクションを随時公開していくとともに、現代美術から日本美術まで、さまざまなテーマを扱う企画展が開催されます。さらに美術館は完全予約制となりました!お出掛け前にこちらのページからご予約ください。※状況に応じて、開館方針は変更される可能性があります。

MUSEUM
2020.3.2 UPDATE

パリ市の所蔵作品データベースが公開されました!

パリ市の運営する14の美術館の新着情報が、公式サイトParis Muséesで、まとまって見られるようになりました。さらに、パリ市の所蔵作品約10万点が一般公開されたことが今回のハイライトです。ここでは広大なデータベースから作品を探すことはもちろん、お目当ての作品の高画質画像を無料でダウンロードしていただけます!「世界に幅広くパリ市の所蔵するコレクションを知っていただく」ため、公開されたパリ市の美術館ページをぜひご活用ください!

Raoul Dufy
Jardin d'hiver à Vernet-les-Bains
Vers 1943
Peinture à l'huile
Musée d'Art moderne de la Ville de Paris

MUSEUM
2019.10.1 UPDATE

オルセー美術館のお得情報!

オルセー美術館の入館チケットを、チケット発行日から8日以内に、次の3つの施設の入館時に提示すると、割引料金が適用されます(窓口でチケットを必ず提示してください)。
・ギュスターヴ・モロー美術館
・オペラ・ガルニエ
・ジャン=ジャック・エンネル美術館
さらに!!
オルセー美術館は、オランジュリー美術館との共通券、またロダン美術館とのパスポート(共通券)をそれぞれ発行しています。各美術館の訪問は「1回」に限られますが、お得なチケットもおすすめです。詳しくはオルセー美術館公式ホームページをご覧ください。MMMライブラリでは、ご旅行準備のお手伝いをいたします。銀座にお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

MUSEUM
2019.10.1 UPDATE

ルーヴル美術館のお得情報!

ルーヴル美術館の入館チケットは、入館後の48時間以内での来館に限り、パリ6区のウジェーヌ・ドラクロワ美術館の入館料が無料になります。
さらに!!
パリでは、多くの国立美術館・博物館が毎月第一日曜日を「無料観覧日」としていますが、ルーヴル美術館の無料観覧日は異なりますので、ご注意ください。2019年1月より、ルーヴル美術館では、【毎月第一土曜日の18時~21時45分の閉館まで】が無料観覧になります。同じく、革命記念日の7月14日も無料観覧日ですが混雑必至!ご訪問の際は事前に公式ホームページで最新情報をチェックしましょう。

MUSEUM
2019.9.2 UPDATE

ルーヴル美術館が入場予約を開始!

ルーヴル美術館では来場者増加に伴う混雑緩和のために、公式ホームページからの入場予約が可能となりました。入場までの長い待ち時間を避けるためにも事前予約をおすすめします!また、パリ・ミュージアム・パスをご利用の際にも事前予約が必要となりますので(アカウント登録必須)、どうぞご注意を。詳しくは公式ホームページよりご確認ください。MMMライブラリでは、ルーヴル美術館に関する資料やパンフレットをご用意しておりますので、ご旅行準備の際にはどうぞお気軽にお立ち寄りください!