MMM店舗情報や世界の美術館・展覧会情報を毎月更新中!

編集部おすすめNEWS
STAFF’S RECOMMENDATION

フランスをはじめとする海外や日本国内の
主な美術館・博物館の動向や注目情報をお届けします。

MUSEUM
2020.9.4 UPDATE

ポンペイ!

グラン・パレにて没入型展覧会「ポンペイ展」が開催中です!イタリア・ナポリ地方の古代遺跡ポンペイは、ヴェスヴィオ火山の噴火によって一夜にして地中に埋もれたことで知られています。現在ユネスコの世界遺産に登録されているポンペイの当時の人々の暮らしや文化を、近年の発掘調査品および映像作品を駆使し、全方位的に体験できる展覧会となっています。特にヴェスヴィオ火山の噴火のシーンは圧巻!現地のご訪問には予約が必要です。また、日本にいながらオンラインでのご鑑賞も可能です。展覧会のハイライト動画やVR、ARを駆使したコンテンツを「Pompei chez vous」にてぜひご堪能ください。

MUSEUM
2020.9.4 UPDATE

キャンドルの夕べ

パリ郊外のヴォー=ル・ヴィコント城が再開し、キャンドルの夕べが今夏もはじまりました!ニコラ・フーケがルイ14世の不興を買ったという1661年8月17日の夜会に着想したこのイベントは、期間中は毎週土曜の夕方から深夜にかけて開催され、フランス国内でもかなりオリジナリティの高い夏の風物詩となっています。今年は7月4日から10月3日まで開催されています。

MUSEUM
2020.8.7 UPDATE

ルーヴル美術館をオンライン体験

7月6日より見学を再開したルーヴル美術館では、公式サイトでさまざまなコンテンツを公開しています。モナリザの細部を観察できる「ルーペで見るモナリザ」、見学の仮想体験を提案する「ヴァーチャル訪問」、さらにアニメで作品の歴史を解説するPetit Louvreという子ども向けの特設サイト(フランス語のみ)が開設されるなど、充実した内容が展開中です。日本から現地への訪問はまだ少しだけ遠い日常が続きますが、この機会にオンラインで作品の予習をされるのはいかがでしょうか?

MUSEUM
2020.8.7 UPDATE

ノルマンディー印象派フェスティバル

延期されていたノルマンディー印象派フェスティバルが、2020年7月4日から11月15日という新しい会期で開催中です。ノルマンディー地方が一斉に「印象派」一色になるこのフェスティバルでは、各地域の美術館で印象派関連の展覧会が開催されるほか、マネの《草上の朝食》に着想を得たピクニック、ヨットレースやダンスパーティーなど、イベントが目白押しとなっています。

MUSEUM
2020.7.1 UPDATE

フランス各地の美術館・博物館が再開しはじめました

5月28日に発表されたフランス政府の緩和政策とともに、フランス各地の美術館・博物館が徐々に再開しています。パリ市内の主要美術館の再開予定日は下記のとおりです。

ルーヴル美術館 7月6日より
オルセー美術館 6月23日より
オランジュリー美術館 6月22日より
ポンピドー・センター 7月1日より
ケ・ブランリ=ジャック・シラク美術館 6月9日より
ヴェルサイユ宮殿 6月6日より

MUSEUM
2020.6.1 UPDATE

アーティゾン美術館が京橋に開館しました!

旧ブリヂストン美術館が、アーティゾン美術館と名前を変え、装いも新たに生まれ変わりました。西洋近代美術から日本洋画まで、石橋財団の約2,800点におよぶコレクションを随時公開していくとともに、現代美術から日本美術まで、さまざまなテーマを扱う企画展が開催されます。さらに美術館は完全予約制となりました!お出掛け前にこちらのページからご予約ください。※状況に応じて、開館方針は変更される可能性があります。

MUSEUM
2020.3.2 UPDATE

パリ市の所蔵作品データベースが公開されました!

パリ市の運営する14の美術館の新着情報が、公式サイトParis Muséesで、まとまって見られるようになりました。さらに、パリ市の所蔵作品約10万点が一般公開されたことが今回のハイライトです。ここでは広大なデータベースから作品を探すことはもちろん、お目当ての作品の高画質画像を無料でダウンロードしていただけます!「世界に幅広くパリ市の所蔵するコレクションを知っていただく」ため、公開されたパリ市の美術館ページをぜひご活用ください!

Raoul Dufy
Jardin d'hiver à Vernet-les-Bains
Vers 1943
Peinture à l'huile
Musée d'Art moderne de la Ville de Paris

MUSEUM
2019.10.1 UPDATE

オルセー美術館のお得情報!

オルセー美術館の入館チケットを、チケット発行日から8日以内に、次の3つの施設の入館時に提示すると、割引料金が適用されます(窓口でチケットを必ず提示してください)。
・ギュスターヴ・モロー美術館
・オペラ・ガルニエ
・ジャン=ジャック・エンネル美術館
さらに!!
オルセー美術館は、オランジュリー美術館との共通券、またロダン美術館とのパスポート(共通券)をそれぞれ発行しています。各美術館の訪問は「1回」に限られますが、お得なチケットもおすすめです。詳しくはオルセー美術館公式ホームページをご覧ください。MMMライブラリでは、ご旅行準備のお手伝いをいたします。銀座にお越しの際はどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

MUSEUM
2019.10.1 UPDATE

ルーヴル美術館のお得情報!

ルーヴル美術館の入館チケットは、入館後の48時間以内での来館に限り、パリ6区のウジェーヌ・ドラクロワ美術館の入館料が無料になります。
さらに!!
パリでは、多くの国立美術館・博物館が毎月第一日曜日を「無料観覧日」としていますが、ルーヴル美術館の無料観覧日は異なりますので、ご注意ください。2019年1月より、ルーヴル美術館では、【毎月第一土曜日の18時~21時45分の閉館まで】が無料観覧になります。同じく、革命記念日の7月14日も無料観覧日ですが混雑必至!ご訪問の際は事前に公式ホームページで最新情報をチェックしましょう。

MUSEUM
2019.9.2 UPDATE

ルーヴル美術館が入場予約を開始!

ルーヴル美術館では来場者増加に伴う混雑緩和のために、公式ホームページからの入場予約が可能となりました。入場までの長い待ち時間を避けるためにも事前予約をおすすめします!また、パリ・ミュージアム・パスをご利用の際にも事前予約が必要となりますので(アカウント登録必須)、どうぞご注意を。詳しくは公式ホームページよりご確認ください。MMMライブラリでは、ルーヴル美術館に関する資料やパンフレットをご用意しておりますので、ご旅行準備の際にはどうぞお気軽にお立ち寄りください!