MMM店舗情報や世界の美術館・展覧会情報を毎月更新中!

編集部おすすめNEWS
STAFF’S RECOMMENDATION

フランスをはじめとする海外や日本国内の
主な美術館・博物館の動向や注目情報をお届けします。

MMM
2019.6.3 UPDATE

映画『コレット』が公開中です!

フランスで最も有名な女性小説家の一人、コレット。ベル・エポックの時代に、才能を花開かせ、その名を世に知らしめました。慣習に囚われない、華麗な恋愛遍歴でも有名です。そんなコレットの半生を描いた映画が、現在全国で上映中です!常に時代を先取りし、新しい女性像を体現したコレットに扮するのは、キーラ・ナイトレイ。ベル・エポックの雰囲気にたっぷり浸れること間違いなしの、映画「コレット」を、お見逃しなく!ライブラリでは、コレットに関連する資料がご覧いただけます。コレット記念館の特集記事はこちら。

5月17日(金)TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
© 2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.

MMM
2019.6.3 UPDATE

モネの創作の源泉、ジヴェルニーからニュースです!

モネの家があることでも有名なジヴェルニーから、印象派美術館の本年度のプログラムが掲載された、新しいパンフレットが届きました!ご希望のご来館者様に、無料で配布(一部限り)しております。ぜひご旅行のご準備にお役立てくださいませ。ライブラリでは印象派に関する資料も多数取りそろえております。お気軽にお立ち寄りください!

MMM
2019.4.26 UPDATE

壁面展示を変えました!

現在パリで開催中の話題の展覧会ポスターが届きました!MMM銀座B1Fライブラリでは定期的に壁面の展示を模様替えしています。ご来館の際には、ぜひご覧くださいね。

MUSEUM
2019.4.1 UPDATE

東京で二会場におけるクリムト/ウィーン展が始まります!

今年の春は東京にウィーンが到来します!
上野の東京都美術館では、『クリムト展 ウィーンと日本 1900』(2019年4月23日(火)~7月10日(水))が、六本木の国立新美術館では、『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』(2019年4月24日(水)~8月5日(月))が、それぞれ同時期に開催されます!東京二会場でウィーンの至宝をご覧いただけるこの機会をお見逃しなく!ライブラリでは、ウィーンにちなんだ書籍を多数ご覧いただけます。ぜひお立ち寄りください。

MMM
2019.4.1 UPDATE

MoMAのパンフレットもご用意しております。

ライブラリでは、ヨーロッパ以外の国々の美術館パンフレットも一部お取り扱いがございます。MoMA(ニューヨーク近代美術館)の館内案内パンフレットもそのひとつ。部数に限りはございますが、どうぞご旅行のご準備にお役立てくださいませ。

MUSEUM
2019.3.1 UPDATE

コートールド・コレクション 印象派への眼差し

イギリスの実業家で美術収集家のサミュエル・コートールド。名高いコートールド・コレクションから、印象派を中心におよそ110点の名品を紹介する特別展「The Courtauld Collection : A Vision for Impressionism」が、パリのルイ・ヴィトン財団で開催されます(2019年2月20日(水)~6月17日(月))。パリでコートールド・コレクションが公開されるのはおよそ60年ぶり!絵画は60点近く出品されるが、とりわけマネの傑作《フォリー=べルジェ―ルのバー》やゴーギャン、スーラ、セザンヌ、ルノワールらの作品とターナーの水彩画10点は見逃せません。この時期にパリへご旅行の幸運な方はぜひチェックを!さらに本展は、この秋、日本を巡回します。乞うご期待!

MUSEUM
2012.4.1 UPDATE

ルーヴル美術館マルチメディア!

ルーヴル美術館所蔵コレクションへのデジタルアクセスを可能にする、iPhone(無料)iPadの公式アプリが、ついに「日本語」で公開されました!
専門家の詳しい解説がついた作品約150点とともに、画像を友人に贈ることもできるサービスなど多彩なコンテンツ。パブリックとの「双方向のコミュニケーション」を目指し、活発なコレクション普及活動が注目を集める、昨今のルーヴル美術館。公式サイトも昨年リニューアルオープンし、「おすすめ見学コース」など、見逃せないメニューが盛りだくさんです!ルーヴル美術館へのご訪問前には、マルチメディアでの事前見学をお忘れなく!

MUSEUM
2011.3.1 UPDATE

ルーヴル美術館の名作をルーペで見よう!

ルーヴル美術館公式HPでは、美術館が所蔵する名品を分かりやすく解説するコーナー「ルーペで見る作品」を設けています。専門学芸員による作者の紹介、作品の背景や制作工程まで画像と日本語の音声でお楽しみいただけます。ルーペ機能を使えば自由に細かいディテールまで注意して見ることができますので、作品をじっくり鑑賞したい方にはおすすめです!
ルーヴル美術館訪問の準備にぜひご利用ください。

カノーヴァ《アモルの接吻で蘇るプシュケ》
© RMN / Jean-Gilles Berizzi

MUSEUM
2010.12.1 UPDATE

オペラ座周辺美術館のお得な割引情報!

オペラ・ガルニエ (Opéra Garnier)オルセー美術館(Musée d'Orsay)ギュスターヴ・モロー美術館(Musée Gustave Moreau)のいずれかの施設で入館チケットを購入すると、チケット発行日から8日間それぞれの美術館に割引料金で入館できます(窓口でチケットの半券を提示してください)。
美術館の料金やアクセスについてはMMMwebサイトのミュゼマップをご覧ください。また、オペラ・ガルニエについてはマダムのミュゼ訪問で紹介しています。

ライトアップされたオペラ・ガルニエ
© ATOUT FRANCE/Benoît Roland

MMM
2008.10.1 UPDATE

ヴェルサイユPodcastの体験レポート!

MMMのwebサイトからもダウンロードできるヴェルサイユ宮殿美術館のPodcast。MMMで特別に制作した日本語字幕や日本語音源付きのコンテンツを保存したiPodを持って、現地美術ライターが「マリー=アントワネットの離宮」を訪問!ダウンロードの方法から現地での楽しみ方までを、分かりやすくレポートしています。