Dossier special - 海外の特集

  • 1.マルモッタン美術館の珠玉の名画に焦点をあてた企画展
  • 2.モネの《印象―日の出》を解き明かす Part1
  • 3.モネの《印象―日の出》を解き明かす Part2

マルモッタン美術館 モネ《印象―日の出》展

モネの《印象―日の出》を解き明かす Part2

《印象―日の出》を購入したのは誰?

▲ジョルジュ・ド・ベリオ医師(1865年頃) 
Collection Remus Niculescu
©Archives Remus Niculescu
▲モネ《昼食》1868年 
フランクフルト・アム・マイン・シュテーデル美術館所蔵
©U. Edelmann -Städel Museum/ARTOTHEK

 続くセクションでは1874年の第1回印象派展を振り返っています。モネによる《昼食》と《キャプシーヌ大通り》は、当時《印象―日の出》とともに出品された作品です。ここでは展覧会目録や、シャリヴァリ紙の批評、モネ直筆の会計簿などの資料も併せて展示しています。1874年に《印象―日の出》を購入したのは、印象派の庇護者であった実業家のエルネスト・オシュデ(Ernest Hoschedé/1837-1891)。モネの会計簿には《印象―日の出》が800フランで売れたことが記されています。1878年、オシュデは経済的な理由で作品を手放しますが、競売の際《印象―日の出》はわずか210フランで売却されました。競売目録に「日の出」ではなく「夕日」と誤植された点も、同作品がさほど関心を持たれていなかったことを物語っています。オシュデからこの作品を購入したのは、オシュデと同様、印象派の庇護者であったジョルジュ・ド・ベリオ(George de Bellio/1828-1894)医師でした。

《印象―日の出》と一緒にコレクションされていた作品は?

▲モネ《ヨーロッパ橋、サン・ラザール駅》1877年 
パリ・マルモッタン美術館所蔵
©Musée Marmottan Monet, Paris / The Bridgeman Art Library

 ベルト・モリゾ(Berthe Morisot/1841-1895)やピサロ(Camille Pissarro/1830-1903)など、ベリオ医師の印象派コレクションの展示の中に、ルノワール(Auguste Renoir/1841-1919)が描いた若い女性のポートレートを見つけることができます。それがコレクションを受け継いだベリオ医師の娘ヴィクトリーヌ(Victorine)です。《印象―日の出》は、このヴィクトリーヌに相続されたのちも、しばらくスポットライトを浴びることはありませんでした。反面、同コレクション内の《チュイルリー公園》や《ヨーロッパ橋、サン・ラザール駅》、《雪の中の列車》の3作品はモネの花形作品として注目され、貸し出しの依頼が頻繁に舞い込みます。1931年にヴィクトリーヌの提案で《印象―日の出》が展覧会へ貸し出されましたが、当時この作品に掛けられた保険の評価額は12万5,000フラン。上記3作品に比べると、半分ほどの価値しかありませんでした。

▲モネ《チュイルリー公園》1876年 
パリ・マルモッタン美術館所蔵
©Musée Marmottan Monet, Paris / The Bridgeman Art Library
▲ルノワール《ヴィクトリーヌ・ド・ベリオの肖像》1892年 
パリ・マルモッタン美術館所蔵 
©Musée Marmottan Monet, Paris / The Bridgeman Art Library

《印象―日の出》がマルモッタン美術館へやってきたのはいつ?

 第二次世界大戦の戦火を避けるため、《印象―日の出》を含む同コレクションの一部は、ヴィクトリーヌの要請により、1939年にマルモッタン美術館の指揮のもとシャンボール城へと送られます。翌年の1940年にそれらのコレクションはマルモッタン美術館へと寄贈されました。マルモッタン所蔵の《印象―日の出》がその価値を飛躍的に高めたのは、戦後1950年代に入ってから。印象派の歴史をテーマにした本が複数出版され、印象派誕生のルーツを物語る作品として注目を浴びたのがきっかけでした。不遇の時代を経て《印象―日の出》は印象派の最も象徴的な絵画として不動の地位を確立します。1974年にパリのグラン・パレで開催された印象派の100年を記念した展覧会では、このモネの《印象―日の出》がカタログの表紙を飾ったのでした。

[FIN]

  • BACK
  • 1
  • 2
  • 3

Update : 2014.12.1 文・写真:増田葉子(Yoko Masuda)ページトップへ

マルモッタン美術館 モネ《印象―日の出》展

会期
2014年9月18日(木)〜
2015年1月18日(日)
会場
マルモッタン美術館
所在地
2 rue Louis-Boilly 75016 Paris
Tel
+33 (0)1 44 96 50 33
URL
http://www.marmottan.fr/
開館時間
火曜〜日曜:10:00-18:00
*木曜日は21:00まで開館
休館日
月曜日、12月25日、1月1日、5月1日
入館料
一般:11ユーロ
割引:6.5ユーロ
7歳以下:無料
アクセス
地下鉄9番線La Muette駅下車、
徒歩約5分
※この情報は2014年12月更新時のものです。

MMMで出会えるモネとマルモッタン美術館

MMMライブラリでは、モネやマルモッタン美術館のパンフレットなどを閲覧いただけます。
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。