Dossier special - 海外の特集

  • 1.マルモッタン美術館の珠玉の名画に焦点をあてた企画展
  • 2.モネの《印象―日の出》を解き明かす Part1
  • 3.モネの《印象―日の出》を解き明かす Part2

マルモッタン美術館 モネ《印象―日の出》展

2014年4月の特集で取り上げた「印象派プライベートコレクション展」に続いて、パリのマルモッタン美術館では開館80周年を記念する企画展第2弾が開催中です。テーマはマルモッタン美術館が所蔵するモネ(Claude Monet/1840-1926)の珠玉の名画《印象―日の出》。副題は「クロード・モネの傑作の真の物語」です。印象派誕生のルーツとなった非常に有名な作品ですが、展覧会のメインテーマに据えられるのは、今回が初。モネの有名作品をさらに深く知ることで新たな感動を呼び起こしてくれる展覧会です。

マルモッタン美術館の珠玉の名画に焦点をあてた企画展

▲モネの《印象―日の出》をモティーフとしてロゴに使用しているマルモッタン美術館の入り口

 2014年はマルモッタン美術館が80年を迎えるのと同時に、モネの《印象―日の出》が初公開されてから140周年を迎える年。霧に包まれたル・アーヴルの港を描いたこのモネの作品が、写真家ナダール(Nadar/1820-1910)の旧スタジオで行われた無名アーティストの展覧会に出品されたのは1874年のことでした。のちに第1回印象派展と呼ばれるこの展覧会で、シャリヴァリ紙のジャーナリスト、ルイ・ルロワ(Louis Leroy/1812 -1885)は、モネの《印象―日の出》を軽蔑と皮肉をこめて次のように批評しました。
「印象、確かにそうだ。私もそう思った。なぜなら強く印象的だからだ。ここには印象が描かれているのだろう。なんと大胆で安易な仕上がり!作りかけの壁紙の方がまだうまくできている!」。

▲モネ《印象―日の出》1872年
パリ・マルモッタン美術館所蔵
©Christian Baraja
▲ル・アーヴル旧外港のポストカード(1900年頃)
▲モネ《ル・アーヴル旧外港の眺め》1874年
フィラデルフィア美術館所蔵
The Philadelphia Museum of Art: Bequest of Mrs.Frank Graham Thomson, 1961

 “印象派展”と題されたこのルロワの辛辣な記事によって、造語である「印象派」の呼称が広く普及したエピソードは、美術ファンの間では有名です。しかしその発端の作品であるモネの《印象―日の出》が19世紀から20世紀初頭にかけてほとんど注目されず、半世紀以上忘れられていた事実はあまり知られていません。現在は印象派誕生のシンボルとして世界中に知られる《印象―日の出》ですが、そのステータスを得るまでには、知られざる長い道のりがあったのです。

▲クールベ(Gustave Courbet/1819-1877)《サントーバン=シュル=メールの海岸》1867年
マドリード・ティッセン=ボルネミッサ美術館寄託
©Colección Carmen Thyssen-Bornemisza en depósito en el Museo Thyssen-Bornemisza

 これまでモネに関する大規模な展覧会が世界中で開催されてきましたが、「睡蓮」をはじめとしたモネの後期の作品の人気が非常に高く、キャリアの初期である1880年代以前の作品がメインテーマとして取り上げられることは稀でした。本展は印象派の原点として名高いモネの《印象―日の出》にテーマを絞り、その周辺のストーリーを洗いざらい紹介するという、今までにない試みの展覧会です。文献によって題名や制作年が異なるなど、曖昧な情報が少なくない同作品を改めて徹底研究し、これまでの疑問をひとつひとつていねいに解き明かしてゆきます。いつ、どこで何が描かれ、この作品の周辺で何が起こったのか、《印象―日の出》に関するすべての問いに答えてくれるのがこの展覧会です。

次ページでは、《印象―日の出》が描かれた背景に迫ります。>>

  • 1
  • 2
  • 2
  • Next

Update : 2014.12.1 文・写真:増田葉子(Yoko Masuda)ページトップへ

マルモッタン美術館 モネ《印象―日の出》展

会期
2014年9月18日(木)〜
2015年1月18日(日)
会場
マルモッタン美術館
所在地
2 rue Louis-Boilly 75016 Paris
Tel
+33 (0)1 44 96 50 33
URL
http://www.marmottan.fr/
開館時間
火曜〜日曜:10:00-18:00
*木曜日は21:00まで開館
休館日
月曜日、12月25日、1月1日、5月1日
入館料
一般:11ユーロ
割引:6.5ユーロ
7歳以下:無料
アクセス
地下鉄9番線La Muette駅下車、
徒歩約5分
※この情報は2014年12月更新時のものです。

MMMで出会えるモネとマルモッタン美術館

MMMライブラリでは、モネやマルモッタン美術館のパンフレットなどを閲覧いただけます。
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。