Dossier special - 海外の特集

  • 1.静物と肖像の巨匠アンリ・ファンタン=ラトゥール
  • 2.傑出した観察眼によるリアリズム
  • 3.リアリズムからイマジネーションの世界へ

「ファンタン=ラトゥール―鋭敏な感性」展

傑出した観察眼によるリアリズム

自画像と親しい人々の肖像

 若き日のファンタンは、モデルを使用せずに自身の姿を描くことで人物画の技術を鍛錬し、その観察眼を養いました。本展の冒頭では、さまざまな角度や技法で描かれた初期の頃の自画像が集められています。自画像が多いことからも察せられるように、決して社交的ではなかったファンタンはキャリアを通して頻繁に妹や妻などの親族を肖像画のテーマに選びました。彼が好んで描いた女性たちは、読書にふけったり絵画の制作に取り組んだりと、常に周囲に静かな空気を漂わせているのが印象的です。一貫して冷静さを保った飾り気のない肖像表現からは、人物の内面すら浮き彫りにするファンタンのきめ細かい観察力が感じ取れます。

▲アンリ・ファンタン=ラトゥール《自画像》1853年 
リール宮殿美術館蔵
©Rmn-Grand Palais / Photo Philipp Bernard

▲アンリ・ファンタン=ラトゥール《読書》1877年 
リヨン美術館蔵 
©musée des Beaux-Arts de Lyon / Photo Alain Basset

ファンタンの名声を高めた集団肖像画

 1864年から1872年にかけて、ファンタンは自身の評価をもっとも高める作品群を手掛けました。それが芸術家や批評家など、さまざまな著名人を同一のカンヴァス上に描いた集団肖像画です。集団肖像画は当時の画壇では珍しい試みで、ファンタンの象徴的な作品とされています。本展の中盤に展示されている、オルセー美術館所蔵の《バティニョールのアトリエ》では、中央に絵筆とパレットを手にカンヴァスに向かうマネが描かれています。

▲アンリ・ファンタン=ラトゥール《バティニョールのアトリエ》1870年
オルセー美術館蔵 
©RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski

 周囲に居るのは、将来の印象派を担うルノワール(Pierre-Auguste Renoir/1841-1919)やモネ(Claude Monet/1840-1926)、また小説家で批評家のエミール・ゾラ(Émile Zola/1840-1902)など、当時の芸術界のキーパーソンの面々です。同じ空間に密接した状態で描かれているにもかかわらず、人物同士の視線は交わることなく、それぞれが独立した佇まいを見せているのが特徴的です。ファンタンはこうした型にはまらない独自の表現スタイルで肖像画家としてその名声を高めたのでした。

鋭敏な感性に満ちた静物画

▲アンリ・ファンタン=ラトゥール《重弁のキンレンカ》1880年
ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館蔵
©Victoria and Albert Museum, Londresr

 本展のテーマである「ファンタン=ラトゥールの感受性」をもっとも分かりやすく感じ取ることのできるジャンルは、静物画といって差し支えないでしょう。とりわけ植物を描いた作品は、ファンタンの持つ鋭敏な感受性が際立っています。落ち着いたトーンの背景に浮かび上がる花や果実は、彼の描く肖像画のように静謐な上品さを保ちながら力強い存在感を放っています。花びらの質感、果実の色艶のリアリズム、さらに哲学すら感じさせる完璧な構図には目を見張るものがあります。

次ページでは、ファンタン=ラトゥール晩年の作品世界へご案内します。>>

  • BACK
  • 1
  • 2
  • 1
  • Next

Update : 2016.11.1 文・写真 : 増田葉子(Yoko Masuda)ページトップへ

「ファンタン=ラトゥール−鋭敏な感性」展

会期
2016年9月14日(水)
〜2017年2月12日(日)
所在地
リュクサンブール美術館
Musée du Luxembourg
19 rue de Vaugirard, 75006 Paris
TEL
+33(0)40 13 62 00
URL
http://museeduluxembourg.fr/
開館時間
10:30-19:00
金曜日:10:30-22:00
12月24日、12月31日:
10:30-18:00
休館日
12月25日
入場料
一般:12ユーロ
割引:8.5ユーロ
アクセス
地下鉄4番線St Sulpice駅から徒歩6分、10番線Mabillon駅から徒歩7分
※この情報は2016年11月更新時のものです。
MMMで出会える「ファンタン=ラトゥール−鋭敏な感性」展
MMMライブラリでは、本展のカタログを閲覧いただけます。
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー