Dossier special - 海外の特集

  • 1.コルマールの誇り マルティン・ショーンガウアー
  • 2.謎に満ちた《イーゼンハイムの祭壇画》
  • 3.知られざる名作が多い近代・現代美術の新館

「ウンターリンデン美術館」リニューアル・オープン

アルザス地方、コルマール市にあるウンターリンデン美術館は、グリューネヴァルト(Grünewald)ことマティス・ゴートハルト・ニートハルト(Mathis Gothart Nithart / 1475〜1480-1528)作《イーゼンハイムの祭壇画》で有名です。この作品を見るために世界中から美術愛好家が訪れ、フランスの地方美術館の中でも年間入館者数最多を誇る美術館の一つに数えられています。3年間の改装増築工事後、2015年12月にリニューアル・オープンした美術館の見どころと、それを引き立たせる建築についてご紹介します。

コルマールの誇り マルティン・ショーンガウアー

▲パンチッカ・デ・パップ館長

 13世紀のドミニコ派女子修道院を改装して1853年に開館したウンターリンデン美術館は、スイスの建築事務所、ヘルツォーク&ド・ムーロン(Herzog & de Meuron)により、先史時代から現代までを包括するモダンな美術館に生まれ変わりました。修道院の中庭を囲む回廊部分の展示室は、11世紀から16世紀までの美術の部で、どの展示室からも庭が見られる、明るい造りになりました。

▲マルティン・ショーンガウアー《受胎告知》(ジャン・ドルリエの祭壇画) 1470〜1475年
©Musée Unterlinden, Colmar

 「絵画、彫刻と分野別に展示していたのを、改装後は時代別に分類しました。また、地元出身の画家、マルティン・ショーンガウアー(Martin Schongauer/1445頃-1491)の展示室を新設しました」と言うのは、パンチッカ・デ・パップ(Pantxika De Paepe)館長です。

 ショーンガウアーはコルマールの銀細工師の家に生まれ、父の工房で銀細工技術をしっかりと身につけました。その後絵画を習得し、フランドル地方で初期フランドル派の美術に触れます。当時としては生前に名声を得た数少ない画家の一人で、後続の画家たちに大きな影響を与えました。「《受胎告知》のマリアの表情を見て分かるように、彼の画風は優雅です。一方、百合の写実的な描き方には初期フランドル派の影響があります」とデ・パップ館長は解説します。

▲ショーンガウアーの展示室
写真:Ruedi Walti、ヘルツォーク&ド・ムーロン
©Ruedi Walti

 また、ショーンガウアーの銅版画作品も見逃せません。アルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer/1471-1528)が1492年にコルマールを訪れたとき、銅版画で師と仰いでいたショーンガウアーに会おうと探したというエピソードが残っているほどの大画家でした。ウンターリンデンにあるショーンガウアーの銅版画作品87点は、3ヵ月おきに交代で展示されています。

次ページでは、ウンターリンデン美術館が誇る
《イーゼンハイムの祭壇画》をご紹介しています。>>

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページへ

Update : 2016.10.1 文・写真 : 羽生のり子(Noriko Hanyu) ページトップへ

ウンターリンデン美術館

所在地
Place Unterlinden - 68000 Colmar
TEL
+33 (0)3 89 20 15 50
E-Mail
info@musee-unterlinden.com
URL
www.musee-unterlinden.com
開館時間
10:00〜18:00
休館日
火曜日、1月1日、5月1日、11月1日、12月25日
入場料
一般:13ユーロ
アクセス
パリ・東駅から約3時間半。
コルマール駅から徒歩15分
※この情報は2016年10月更新時のものです。
MMMで出会えるウンターリンデン美術館
MMMライブラリでは、本展のカタログを閲覧いただけます。
  • 海外の特集01
  • 国内の特集01
  • マダム・ド・モンタラン ベールのミュゼ訪問
  • 注目の一冊
  • 発見!身近なアート探訪
  • 銀座界隈アートスポット巡り
  • 今月の注目記事
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトマップ
  • メールニュースへのご登録はこちらから

*情報はMMMwebサイト更新時のものです。予告なく変更となる場合がございます。詳細は観光局ホームページ等でご確認いただくか、MMMにご来館の上おたずねください。

特集記事 バックナンバー